月10万円生活への道とシンプルライフ。

ひとり暮らしで月10万円生活とシンプルライフを目指すブログ。

スポンサーリンク

【ごはん】ウチナーンチュが作るゴーヤーチャンプルー。いつも適当です。

らんこです。

 

なるべくスーパーに行かないゲームを楽しんでいます。

www.tuki10man-ritaia.com

 

冷凍庫のストックを使うべく、ゴーヤーチャンプルーを作りました。そんなお話。

 

 

チャンプルーとは。

「チャンプルー」という言葉には、「混ぜこぜ」という意味があります。

 

つまり、「ゴーヤーチャンプルー」は「ゴーヤーとその他の混ぜこぜ料理」ということになります。

 

なので、ゴーヤーと何かを混ぜたものを作れば、それは立派な「ゴーヤーチャンプルー」と言えるでしょう。

 

ゴーヤーチャンプルーを作ってみよう!

チャンプルーを理解したところで、早速ゴーヤーチャンプルーを作ってみましょう。好きなものを炒めたらいいのです。簡単ですね。

 

用意するもの。

・ゴーヤー(好きなだけ)

・たまご(1~2コ)

・ポーク(シーチキンとか他の肉でも可)

・その他入れたいもの

・顆粒だしの素(適当)

・醤油(適当)

 

作り方。
f:id:ritaia:20181113121227j:plain
f:id:ritaia:20181113121157j:plain
f:id:ritaia:20181113121203j:plain

 

①用意した材料を適当な大きさに切っておきます。(今回のゴーヤーは切って冷凍保存してあったもの)チューリップポークを使いました。(缶を開けるのが面倒なタイプ。手を切らないように注意)10等分に切って、そのうちの3枚をさらに細かく切って使いました。(残りは冷蔵)

 

f:id:ritaia:20181113121211j:plain
f:id:ritaia:20181113121257j:plain
f:id:ritaia:20181113121218j:plain

 

②フライパンに油をしいて、肉類→ゴーヤー→味付け→溶きたまごの順で入れて炒めていきます。味付けは、顆粒だしの素と醤油を適当に回しかける程度で、十分美味しくなります。洗い物を増やしたくないので、ポーク缶にたまごを割り入れました。

 

f:id:ritaia:20181113121254j:plain
f:id:ritaia:20181113121232j:plain

 

これをこうして…こうだ。溶きたまごどーん。たまごが少し固まるのを待って、かき混ぜます。

 

f:id:ritaia:20181113121243j:plain
f:id:ritaia:20181113121248j:plain

 

③完成です。タッパー2コ分できました。2日分のお弁当のおかずです。

 

④補足事項。ゴーヤーの苦みが苦手な人は、ゴーヤーの量を減らしたり、ゴーヤーを薄く切ったり、事前に塩もみして苦みを抜くといいでしょう。あとはしっかり火を通すと、苦みが和らぐと思います。(私は苦いの好きなので厚切り&がっつり炒めない派です)

 

ポークを使う時は、結構塩っ気があるのでいいのですが、別のお肉を使う時は、少し塩を加えた方がよいでしょう。

 

以上、ウチナーンチュが作るゴーヤーチャンプルーでした。コツは、適当にやることです。適当に美味しいものが出来上がりますから。

 

ぜひ、試してみて下さいね!

 

スーパーに行ってない日。

ご飯事情はこんな感じ。

www.tuki10man-ritaia.com

 

そして、先週の日曜日(11月11日)にスーパーに行ってから、まだスーパーに行ってないので、11月14日現在の記録は3日目です。頑張るぞー!