月10万円生活への道とシンプルライフ。

ひとり暮らしで月10万円生活とシンプルライフを目指すブログ。

スポンサーリンク

【ひとりごと】車は走る凶器である。ドライバーとしてのモラルと自覚を持つこと。

らんこです。

 

少し前になりますが、とある交通事故の現場に遭遇しました。数台が絡む事故でした。そんなお話。

 

 

交通事故の現場に遭遇。

沖縄県は車社会です。私ももちろんマイカーも所有していますし、家族もひとり1台車を持っています。

 

そんな車と生活が密接している沖縄では、かなりの高確率で事故の現場に遭遇することがあります。

 

そんな中でも、最近遭遇した事故現場は衝撃でした。

 

数台が絡む事故。

今回遭遇した事故現場は、車4台が絡む交通事故でした。

 

おそらく信号待ちをしている車の列に最後尾の車が追突して、その流れで玉突き事故を誘発し、玉突きで押し出された車が対向車とぶつかったのであろう…そんな現場でした。

 

救急車が2台来ていて、担架に乗せられたけが人らしき人が運ばれてはいましたが、歩行者や自転車やバイクが巻き込まれた様子がなかったのと、あり得ないくらい大破した車は見受けられなかったので(それでも軽自動車の車体のへこみ具合はすごかった)スピードさえ出ていなければ、おそらく死人は出ていないのではないかと思いました。

 

しかし後日、「ひとり亡くなった」というニュースを見たときに非常に悲しい気持ちになりました。

 

危険運転のニュース。

ここ最近、危険運転に関連するニュースを多く目にするようになりました。

 

2017年に東名高速で起きたあおり運転の末の事故…とても印象に残っています。

 

高速道路であおり運転の末に無理やり車を止めさせ、そのあと事故が起こり、あおり運転を受けていた車を運転していたご夫婦が、子どもたちを残して亡くなってしまったあのニュースです。

 

安全に走行していたら起きなかった事故。

 

亡くなってしまったご夫婦、残された子どもたち、あおり運転をしたドライバー、それに巻き込まれ追突してしまったトラックの運転手…

 

全員の人生が変わってしまいました。

 

沖縄での危険運転。

そしてここ沖縄においても、運転していると「ヒヤリハット」な瞬間をよく見かけます。

 

黄色信号で無理やり突っ込んでくる車やバイク。

青信号になるのに待てずに発進する車やバイク。

車間距離を詰めまくる車やバイク。

法定速度を明らかに30キロ以上オーバーして走る車やバイク。

 

また実際に、あおり運転をしている車も見かけたことがあります。そんなときは絡まれないようにそーっと別車線に行ったり、その車からなるべく距離を取るようにしています。

 

そしてそんな運転を繰り返すドライバーたちは、「自分だけは大丈夫」と思っているんじゃないかと感じています。

 

事故は起こしてからでは遅いのです。

 

車は走る凶器。

 

使い方を間違えると、人を殺傷したり、ひいては自分自身を殺してしまうかもしれない、車はそんな道具なのだ。ということを、車やバイクを運転するドライバーひとりひとりがしっかり自覚することが必要です。

 

けれど現状では、自覚のない、モラルの低いドライバーがかなり多い…と感じています…悲しいけれど。

 

沖縄県の飲酒運転…

危険運転と同じくらい問題だと思っていること。それは「飲酒運転」

 

飲酒運転の検挙率が高いという不名誉なことで有名な沖縄ですが、ひと昔前に比べると、少しずつですが飲酒運転をする人は減ってきているのではないか?と思います。

 

厳罰化したり罰金の額が変わったり、周囲の人の意識が変わったり。

 

微々たる変化かもしれませんが、個人的にはそう感じています。

 

以前は「このくらい大丈夫よ~」という人ばかりでしたが、今は運転代行もあるし、ノンアルコール飲料も充実してきているので、「飲んだら代行。乗るなら飲まない」の人が増えました。嬉しいことです。(至極当たり前のことです)

 

車を運転するひとりとして。

f:id:ritaia:20181129105007j:image

 

私も車を運転するひとりなので、気を緩めてしまえば加害者になり得る可能性があります。

 

車を運転するときには、細心の注意を払う。黄色信号は止まる。混んでいる交差点には無理に突っ込まない。信号が青になってから発進する。スピードは出し過ぎない。車間距離は十分に取る。体調不良のときは無理して運転しない。イライラしているときほどゆっくり運転を心がける。時間にゆとりを持って行動する。どうしても運転しないといけない場合、疲れたら休み休み運転する。

 

ちょっとしたことですが、上記のことに気をつけて運転するようにしています。…というか、当たり前のことなんですけどね。

 

 

道具は使い方を誤ると凶器になり得る。

 

いま一度、車を運転することはどういうことか。ということを念頭に置いて、ドライバーとしての自覚とモラルを持って運転するようにしよう。そんなことを思うらんこです。

 

運転して性格が変わる人は、さっさと切り捨てな!

最後になりますが例えば、恋人や仲良しの人、いいなと思っている人が危険運転するような輩なら、さっさと縁を切った方がいいと思います。

 

助手席に、タンデムシートに大事な恋人や友人を乗せているにも関わらず、安全にルールを守って運転できないような人間は、ろくでもないヤツです。かなりの確率で。

 

個人的な意見にはなりますが、恋人や大事に思っている友人が隣にいるなら、それこそ安全第一に運転するはずです。本当にその人たちを大事に思っているのなら。

 

自分の身は自分で守る。

 

ちょっと話は飛躍しましたが、そういう観点からも、危険運転をする輩からは(それが男性だろうと女性だろうと)離れた方が身のためだと思いますよ~。

 

それでは運転する皆さま、ぜひステキなドライバーとして、運転ライフを楽しみましょ~!!!