月10万円生活への道とシンプルライフ。

ひとり暮らしで月10万円生活とシンプルライフを目指すブログ。

スポンサーリンク

【工夫】余計なモノは取り外す。手間を省くための工夫は簡単。

らんこです。

 

昨日は、「人間の尊厳」という仰々しい言葉を使って、大したことない記事をアップしましたことをお詫び申し上げます。

 

ただ反響があったということは、皆さまも同じような経験をなさったことがあるんだなぁ~ということだろうし、少なからず共感していただいたり、笑っていただいたり、「尿取りパッド」をおススメしていただいたりと交流が生まれたので、私としては満足です。ありがとうございます~♪

 

さて、そんな話は置いておいて。今日は「手間を省くためには、余計なモノを取り外すとよい」そんなお話です。

 

 

フタとかフタとかフタ。

排水口のフタ。

 

きれいにするよう心がけていても、絶対に汚れるし、いちいち掃除が面倒であることは言うまでもありません。自明の理!

 

そしてその面倒を省くのは至極簡単なのです。

 

フタを取り外す。

 

ただそれだけです。フタ、要りません!

 

ユニットトイレ・バスの場合。

年末に向けて、徐々にお掃除~ってことで、あとは行動に移すだけ。

 

f:id:ritaia:20181014233537j:image

 

家のユニットバスです。排水溝のフタも含めて全体がヌメヌメ気味だったので、全てのパーツを取り外してきれいに磨きました。そして気づいてしまったのです。

 

これ、ここについている必然性ってなくね?

 

そこで、きれいに磨き洗った排水溝のパーツの、絶対に必要なモノ以外を片付けることにしました。


f:id:ritaia:20181014233532j:image

 

洗った後の排水溝。きれいになりました。


f:id:ritaia:20181014233528j:image

 

絶対に必要なパーツ。これもなくていいんじゃないかと思いましたが、このパーツがないと、下水?の臭いがダイレクトに上がってくるので断念。さすがに毎日臭いのはたまらんので…


f:id:ritaia:20181014233524j:image

 

いらないパーツ。黒いゴムパイプ?。おそらく、排水が飛び散らないように…というためのパーツかと思われます。特になくても問題なさそうなので、取り外しておくことにしました。これで、この黒いパーツを洗う手間が省けます。

 

金属のフタも、使う入浴剤によっては錆びるので撤去。これで、掃除が格段にしやすくなりました。必要最低限のパーツだけがハマった状態の写真を撮るのを忘れました…痛恨のミス。ま、いっか。

 

疑問を持ってみる。

日々モノを使っている状態に、少しだけ疑問を持ってみると、工夫に繋がるのかな?と最近は思うようになりました。

 

これって必要かな?

これって何のためについているのかな?

これってなかったら困るのかな?

 

手間を省いてシンプルにシンプルに…

 

必要かどうか?

代用できないか?

何のためにあるのか?

 

パッと思いつく疑問はこの程度ですが、常日頃から意識して生活を見直してみようと思います。

 

さっ、年末だけじゃなくて、日々のお掃除も頑張るぞ~!!!