月10万円生活への道とシンプルライフ。

ひとり暮らしで月10万円生活とシンプルライフを目指すブログ。

スポンサーリンク

【ひとりごと】売れ残りケーキ(アフタークリスマスケーキ)を求めて彷徨った夜。

らんこです。

 

クリスマスにケーキは買いませんでした。なぜならば、クリスマスが終わったらケーキが安く手に入ると信じていたから。そんなお話。

 

 

25日に食べなかったケーキ。

26日の仕事終わり。私はモーレツにケーキが食べたくなったのだ。そう、クリスマスケーキ!

 

なんでクリスマスにケーキを食べなかったかだって?

 

だって、25日は職場の先輩に連れられて焼肉に行ってたらふく食べ過ぎて、とてもじゃないけどケーキの別腹がなかったからである。

 

だから、26日の仕事終わりにふと思いついてしまったのだ。「あ!クリスマス終わったからケーキ安くなってるんじゃね?」ってことで買いに行くことにした。

 

ケーキを求めてスーパーへ。

仕事を17時過ぎに終えた私は、いそいそと近くのスーパーへ行った。そこで見た光景は…

 

お正月

 

だった。

 

え?切り替え早くね?(とは思ったが、1月1日は割と目の前である)

 

仕方がないので、次のスーパーに行くことにした。

 

スーパーMからスーパーSへ。途中、ケーキごときに熱くなるなんて…と言う考えが頭をよぎるも、一度火がついたらんこを止めることは、らんこにすらできないのである。

 

さぁ、到着だ。スーパーSの、数日前までケーキが積まれていたコーナーへ向かう。するとそこにあったはずのアフタークリスマスケーキたちは…忽然と姿を消していたのだ。

 

昼間、ヤフーニュースでケーキの廃棄に関するニュースを見て心を痛めたから、我こそが救世主ぞ!と、救いに来たというのに、なんと言うことだ…時、すでに遅しだったか…全て売れてしまったことを信じたいが、もしかしたら廃棄されてしまったのかもしれぬ…今度スーパーで働いている知人を問い詰めたいと思う。

 

そして今度はコンビニへ。

スーパーを2件ハシゴしてアフタークリスマスケーキに出会えなかったら、諦めればいいのに、一度火がついたらんこを止めることは、らんこにすらできないのだ。←2回目

 

アフタークリスマスケーキへの想いは募っていくばかり。

 

燃え盛る炎を抑えられなかった私は、コンビニFへと行ったのである。

 

そこには、クリスマス感を醸し出すパッケージをまとったシュークリームちゃんがいた。

 

いた。いたのだ。アフタークリスマス感を出したヤツが。しかし、私はケーキが食べたい。ケーキだ。クリスマス感満載のホールケーキを貪り喰いたいのだ。シュークリームちゃん如きではダメなのだ。

 

一度は手に取ったシュークリームちゃんをそっと陳列棚に戻し、涙をこらえながら、私はある決意をした。

 

そうだ!Jimmy'sへ行こう!

ここまできたら、もう、ホールのケーキが食べたい。

 

アフタークリスマスケーキというか、ケーキの呪いにかかった私は、Jimmy's(ジミー)*1に向かったのである。

 

ショーケースガラガラ事件。

コンビニから車を走らせ、到着したるはJimmy'sである。沖縄県民で知らぬ者はいないだろう。

 

はやる気持ちを抑え、平静を装いつつ店内へ入る。ショーケースを見るとそこは、隙間だらけであった。

 

(ク、クリスマスっぽいケーキが、ない…)

 

ショーケースだけでなく、スポンジケーキやパイが陳列される冷蔵ケースのところを見てみた。

 

(…ってか、スポンジケーキがねえっ!ってかケーキ少なっ!)

 

そう、クリスマスという戦いを終えた26日のJimmy'sは、満身創痍だったのである。

 

(くっ、これまでか…)

 

と思いかけたらんこだったが、思い直してショーケースを眺めまくること13分。(体感時間)勇気を出して、店員さんに声をかけた。

 

「すみません、ボストンケーキを下さい」

 

店員さんは慣れた手つきでホールのボストンケーキをショーケースから取り出し、箱に入れる準備をし始めた。そこでこんなことになろうとは。

 

「メッセージはいかがなさいますか?」

 

は?メッセージ?あ、そうか。ケーキなんてだいたい誕生日に買うもんね。そりゃそうだ。あ、じゃあ、ハッピーメリークリスマスって…ってオイオイらんこさんよ、世間でクリスマスは昨日で終わってるんだよ。今日そんなメッセージ頼むやつはいねぇよ。あ、え、えと、あの、あ、じゃあ、

 

「あ、お、おめでとうって書いて下さい」

 

一瞬、キョトンとした(ように見えた)店員さんは、すぐさま誕生日のメッセージを書くプレートの裏におめでとうとチョコペンで書いてくれた。

 

「ローソクは何本おつけしましょう?」

「…さ、さんぼんで」

「では、大きいの3本おつけしますね~」

 

そして、会計を終えたらんこは、自宅へ戻ってきた。

 

ホールケーキを前にして。

f:id:ritaia:20181227170504j:plain

 

自宅へ戻ると急に冷静になった。

 

なんでひとり暮らしなのに、こんなでっかいホールケーキを買ってしまったんだろう。しかも「おめでとう」って。何がめでたいねん。しかもローソク要らんやろ。シンプルライフ目指してますゆーて、ムダなモンもらってきよって。

 

反省するも時すでに遅し。買ったもんは仕方ない。食べなければなるまい。

 

大人喰いだー!
f:id:ritaia:20181227170449j:plain
f:id:ritaia:20181227170443j:plain

 

せっかくなので、もらったローソクに火を灯し、あ、そーいや今月誕生日だったわ。と無理くりローソクとおめでとうの理由をこじつけて火を吹き消した。

 

それから、全部食べ切ってやるわ!とホールのケーキを取り分けもせず、フォーク1本を手に持ち、ボストンケーキに戦いを挑んだ。

 

f:id:ritaia:20181227170453j:plain
f:id:ritaia:20181227170458j:plain

 

結果は…惨敗だった。

 

まとめ。

そして私は気づいたのだ。

 

 

 

ケーキを定価で買ったという事実に。

 

 

 

売れ残りで安くなっているであろう、アフタークリスマスケーキを求めていたはずなのに、途中でホールケーキを食べたいという妄執に憑りつかれ、暴走してしまった女の成れの果てがこれである。

 

皆さまも、ケーキに憑りつかれないようお気をつけ下さい。

 

 

※ちなみに、ホールケーキの賞味期限は29日までなので、毎日少しずつ食べています。もちろん、お夕飯はケーキです。

※ちなみにちなみに、誕生日には、友達がコンビニLの素敵スイーツをくれました。美味しくいただきました。

f:id:ritaia:20181221172456j:plain
f:id:ritaia:20181221172437j:plain
f:id:ritaia:20181221172446j:plain
f:id:ritaia:20181221172430j:plain
f:id:ritaia:20181221172423j:plain



*1:Jimmy's(ジミー)とは、沖縄県にあるケーキチェーン店である。アップルパイが美味しくておススメ。