月10万円生活への道とシンプルライフ。

ひとり暮らしで月10万円生活とシンプルライフを目指すブログ。

スポンサーリンク

【工夫】家でトレーニング、略して「家トレ」。お金をかけなくても、家で十分トレーニングをすることができます。

らんこです。

 

最近、増えた体重が減ることがなくなってきたと感じる今日この頃です…

 

歳を重ねるということは、無事に一年生き延びることができて嬉しい反面、年々身体の衰えを実感するという側面をも持ち合わせております。あぁ、健康で元気なままでいたい!

 

そんなこんなで最近は、家でトレーニングすることにハマっています。そんなお話です。

 

 

家でトレーニング。略して「家トレ」

家でトレーニングすることを「家トレ」と呼んでいます。(大多数の人がこの言葉を屋略するとそうなることでしょう)

 

たいしたトレーニングをしているわけではありませんが、気が向いたときやガッツリ「今日はトレーニングやるぞ!」ってなタイミングで、割とゆる~くトレーニングをしたりしています。

 

「家トレ」のおススメポイント

では、簡単に「家トレ」のおススメポイントをあげてみましょう。

 

お金がかからない。

なんと言ってもコレ!

 

お金がかからない

 

家でトレーニングすると、節約できるから最高です(∩´∀`)∩

 

ときどき、数百円払って利用できるトレーニングジム(地域のヤツね)にも行ったりしますが、わざわざお金を払わなくてもいちいち出かけなくても、家でも十分にトレーニングすることは可能なのです。

 

ちなみに、トレーニング器具を買うならば初期投資だけは必要になりますが、器具を使わないトレーニング方法なんて山ほどあります。

 

そう、

 

自重トレーニング

 

器具を使わずとも、自分の重みを利用してトレーニングができるのです。

 

むしろ、普段あまり運動をしていないのであれば、まずは自分の重みだけを利用して、少ない負荷でゆっくり運動するところからスタートでいいのです。(あまりに体重が重い場合は、トレーニング方法によっては関節に支障をきたすことがあるので、まずは食事制限からスタートした方がいいでしょう)

 

らんこの場合。

自重トレーニングをする場合と、以前テンションが上がって購入したワンダーコアスマートやケトルベル、なんか引っ張るバンド、それから腹筋ローラーなどを使ってやる場合とがあります。

 

自重トレーニング。

自重トレーニングをやる場合は、「ゆっくりスクワット」を主にやっています。他には腕立て伏せ(めっちゃ嫌い)とかプランクとかとか。

 

ゆっくりスクワットは、両足を肩幅くらいに開き姿勢(正しい姿勢はめちゃくちゃ大事!)を整え、息を吐きながらゆっくり所定の位置まで(膝がつま先から出ないように)下がり、一拍おいて、ゆっくり息を吸いながら上がります。

 

が、ここで忘れてはいけないポイント!

 

膝を伸ばし切らない!

 

膝を伸ばし切らないことで負荷をかけ続けることができ、少ない回数・短い時間で効率的にトレーニングができるのであります!(真面目にやると地味にキツイ)

 

これを、気分が乗ったときは10回×3セットくらいやります。セットの間のインターバルは1分くらいです。慣れてきたら、よりゆっくり動くといいでしょう。

 

腕立て伏せは本当に苦手なので、膝をついてやることが多いです。プランクは30秒×2セットとか。毎日やっているわけではない。あくまで、気分が乗ったときにやっています。

 

器具を使ったトレーニング。

ワンダーコアスマートを使って、腹筋や腹筋ローラーをやります。腹筋ローラーは支えなしでは全くできず。ワンダーコアスマートにサポートしてもらって、「ちょいきついな~」って感じる回数を、気が乗ったときにやっています。

 

ガッツリやるってわけではなく、一日のうち5分くらい頑張ればいっか~という程度ですが、コツコツやっています。

 

まとめ。 

ちょこちょこトレーニングですが、「やらないよりはまし!」の精神で、気が向いたらちょこっとだけ頑張っています。

 

少しだけですが継続してやることで、少なからず身体は変わります。

 

f:id:ritaia:20160620143839j:plain

 

食べるの大好きなので、美味しい食べ物を心置きなく食べるために、今日もちょこっとだけトレーニングを頑張りますぜ!

 

身体の老いなんかに、負けてたまるかっ!